【和装前撮り】和装で人気な扇子ブーケ

ブーケの種類も多様化

ブーケの種類も多様化

近年、和装前撮りを選ぶ花嫁が増えてきています。
和装前撮りの衣装は白無垢から色打掛、引振袖など様々で、日本らしさがある和装はとても素敵です。
また結婚式当日も和装選ぶ人も多いでしょう。
和装のポイントはブーケです。
和装の人気に合わせてブーケの種類も多様化しており、これから和装前撮りを予定している花嫁は、ブーケ選びに悩むのではないでしょうか。
また最近では、扇子ブーケが人気です。
白無垢や色打掛、引振袖それぞれのタイプにぴったりの扇子ブーケを選ぶ際にはポイントがあります。
和装前撮りに使用する扇子ブーケは、和装と扇子ブーケの色使いが重要です。



タイプ別に合う扇子ブーケ

タイプ別に合う扇子ブーケ

白無垢は、神前で愛を誓うときに相応しい装いとして古くから伝わっている衣装です。
純白の白無垢に合わせる扇子ブーケは、白色でナチュラル系を選ぶと可憐な印象になります。
胡蝶蘭と末広のブーケは凛とした印象になるでしょう。
さらに、お祝いの朱色で鮮やかな色を加えるのも人気で、扇子は金色、お花は朱色の扇子ブーケは白無垢に華やかさがブラスされます。
色打掛は、日本の伝統的な文様や技法で繁栄や豊かさを感じさせ、とても艶やかな衣装です。
色打掛の色と扇子ブーケのコーディネートを楽しみましょう。
色打掛の色彩と同系色でまとめた扇子ブーケを選ぶと、優しい印象になります。
また、掛下の色と色打掛に配された色をコーデして、和装の艶やかさを強調するのもおすすめです。
和装の中でも親しみやすく着こなせる引振袖はとても人気です。
帯と小物使いに花嫁のセンスが出るでしょう。
黒い引振袖には、定番の帯とお揃いの扇子ブーケで美しい印象になり、帯と小物の色を取り入れた扇子ブーケもおすすめです。
白い引振袖には赤を効かせた扇子ブーケを選ぶと、慶びの日にぴったりな晴れ着になります。
和の情趣を感じる衣装をより引き立たせる扇子ブーケを選び、和装前撮りを楽しんでください。