【和装前撮り】おススメの後ろ姿ショット

和装前撮りで外せない後ろ姿ショット

和装前撮りで外せない後ろ姿ショット

和装は長い歴史の中で、日本の伝統文化を代表する美しい衣装です。
結婚式は着物を着たいと思う人も多いでしょう。
また、結婚式当日でドレスを着る花嫁は前撮りで和装を楽しむ人が少なくありません。
挙式当日より前に和装姿を写真に残す和装前撮りは、ドレスと和装を両方着たい人に人気です。
そのような機会に二人だけのベストショットを撮影するためには、ポーズはあらかじめ考えておくことをおすすめします。
しかし、実際にどのようなポーズが良いかわからない人も多いのではないでしょうか。
和装前撮りをするなら帯の形や、落ち着いた佇まいを思わせ、和装の柄が綺麗に写る後ろ姿は外せません。
後ろ姿といってもポーズのバリエーションは様々です。



おすすめポーズ

おすすめポーズ

後ろ姿のポーズで定番なのは、二人で手をつないで歩く後ろ姿です。
何気ない歩く後ろ姿も、和装を着ていればかわいい一枚が撮れます。
また、神社で和装前撮りを考えているカップルは、参拝している後ろ姿も写真に収めておきたい一枚でしょう。
何を祈願したのか、思い出になります。
ほっこりした後ろ姿の写真を撮りたいカップルは、肩を寄せ合って後ろからでもわかるようにピースをしてみましょう。
仲の良さが伝わる一枚になるはずです。
後ろ姿ショットでアイテムを使用する場合は、番傘がおすすめです。
二人で番傘を差して顔を見合ったり、番傘を持ったり置いたりして使える優秀なアイテムです。
さらに番傘を持ち、真後ろではなく、斜め後ろから撮影すると白無垢や色打掛の帯が立体的となり素敵な写真が撮れます。
ガーランドもおすすめのアイテムです。
後ろ手にガーランドを持ったショットはドレスでも似合うポーズですが、和装にも取り入れてみてください。
和装にぴったりなガーランドを用意してみてはいかがでしょうか。
和装前撮りの後ろ姿ショットは、着物の柄がよく見えて豪華で綺麗な写真が撮れます。
お気に入りの後ろ姿のポーズを決めておいてはいかがでしょうか。