【和装前撮り】衣裳で選ぶ

ウェディングドレスも和装も楽しむ方法

ウェディングドレスも和装も楽しむ方法

結婚式の前に、ウェディングドレスや、和装姿を撮影する前撮りは、スタジオやロケーションで撮影することができ、結婚式では着ない衣裳を着て撮影することができます。
結婚式といえば、花嫁はウェディングドレスを着るというイメージがありますが、最近では和装が人気を集めています。
多くの有名人が和装婚を行っているため、和装姿に憧れる女性も少なくありません。
また、せっかくなら日本伝統でもある和装姿を、両親に見せたいと考える花嫁もいます。
当日の結婚式はドレスのみという人は、和装前撮りで写真に残してみてはいかがでしょうか。
結婚式や披露宴当日は非常に慌ただしく、落ち着いて写真を撮ることができません。
和装前撮りでは、二人の納得がいく写真を撮ることができるでしょう。
ロケーションを選んで撮影することもできるため、一生の思い出となる結婚の記念にお気に入りの写真を残すことができます。



和装前撮りの着物を選ぶ

和装前撮りの着物を選ぶ

和装の前撮りは、日本の伝統的な婚礼衣裳である白無垢や、色打掛を着用します。
白無垢は挙式のときだけに着用が許される特別な衣装で、色打掛は、披露宴に着用するのが一般的です。
和装に合わせる小物もそれぞれ異なるのです。
白無垢の場合は、小物は白で統一し、色打掛には華やかな色合いの刺繍が施された小物を合わせます。
ウェディングといえば白のイメージがあり、白無垢も人気ですが、華やかな色打掛は鮮やかで絵になります。
ロケーション撮影でも映える、色打掛を選んでみてはいかがでしょうか。
また、婚礼衣裳は慶事に相応しい吉祥文様という柄があり、それぞれの柄で意味が異なります。
季節が関係する柄もあるため、和装前撮りを行う季節に合わせて選ぶのも素敵でしょう。
色打掛を選ぶ際には、意味で柄を選んでみるのもおすすめです。
和装前撮りは、衣裳を選ぶのも一つの楽しみになります。
従来のスタイルにとらわれず、好きな柄や、色の衣装を選び、美しい和装姿を楽しみましょう。