【和装前撮り】髪飾りのポイント

忘れてはいけない髪飾り

忘れてはいけない髪飾り

和装前撮りをする花嫁は、着物選びや髪型、ポーズにこだわる人が多いですが、忘れてはいけないのが髪飾りです。
和装前撮りにおいて、着物の色と顔周りに持ってくる髪飾りの色合いは非常に重要です。
ウェディングドレスでは、ネックレスやイヤリング、ピアスの色で顔周りのイメージが大きく変わるのと同様、和装では顔に最も近い装飾品は髪飾りになります。
そのため、和装前撮りをする花嫁にとって髪飾りはとても重要なアイテムとなるのです。
また、打掛の色と相性の良い髪飾りを選ぶと、写真映えも良くなります。
最近では、生花を用いた髪飾りが結婚式や和装前撮りの定番となっていますが、生花を用いる場合においてもお花の色と着物の色の関係は非常に重要です。
これから和装前撮りを行う予定のある人は、髪飾りにこだわってみてはいかがでしょうか。



髪飾りの選び方

髪飾りの選び方

和装前撮りで多いショットはバストアップです。
写真を見た人が印象に残る髪飾りを選びましょう。
髪飾りは様々なものがありますが、選び方にはポイントがあります。
まずは、和装のテーマを決め、どのようなイメージにしたいのか決めておくことです。
清楚系や大人系、レトロ系など自分がなりたいイメージを決めましょう。
そして、髪飾りの素材を決めることや、着物の色に合ったものを選ぶのもポイントで、生花や造花、和細工、水引など、お気に入りの素材を見つけてください。
また、和装の結婚式を挙げる人は、本番も使用できる素材を選ぶと良いでしょう。
最も重要なポイントとして、着物の色と髪飾りの相性です。
着物は色や柄をたくさん取り入れているため、髪飾りの色を上手く配色しなければまとまりが無くなり、和装姿を美しく見せることができません。
また、赤い着物には赤い髪飾りを合わせると、あまりパッとしないことがあり、同じ赤色でも様々な種類があるため、中には合わせにくいものや相性が悪いものもあります。
着物の柄の一部の色を髪飾りにもってくると、全体的に違和感がなく、バランスを綺麗に美しく表現することができるでしょう。